[さくら歯科クリニック]大分市の一般歯科、小児歯科、口腔外科

大分市南大分に開院します【さくら歯科クリニック】です。歯周病、むし歯、根管治療、抜歯、入れ歯、小児歯科、予防歯科、口腔外科、インプラント、審美・ホワイトニング、顎関節症、歯ぎしり・食いしばり、矯正紹介、スポーツ用マウスガードなど、歯の事ならお気軽にご相談下さい

1月, 2017年

さくたろう日記1:はじめまして

2017-01-29

初めまして。

我が家のさくたろうです。

平成28年9月30日生まれのヨークシャテリアです。

歯医者のホームページにはふさわしくないかもしれませんが、あまりに可愛いので(親バカ)、プライベートで申し訳ありませんが、定期的にさくたろう日記をアップしていけたらと思っております。犬好きの方、お付き合いくださいませ。

どうぞよろしくお願いします。

 

弾丸スノボツアー

2017-01-27

前回の続きです。

日曜日は久しぶりの何もない休日だった上に、友人たちも運良く休みだと判明!

急遽、スタッドレスタイヤに交換し、島根県の瑞穂ハイランドというスキー場まで行ってきました。

ちょうど寒波が来ていたので、すごい雪道!

こんな雪道を走るのも久々でした。

以前はワンシーズンに10回以上、広島や島根までスノーボードに行っていました。

初心者の頃から友人たちと「このは」というチームを作っていて(笑)、毎年楽しんでいたのですが、開業前からさすがに忙しくなり、この数年は足が遠のいていました。

数年ぶりのスノーボード、滑れるかと少し心配でしたが、すぐにカンを取り戻せました。

やっぱり雪山は楽しい!ちょうど寒波が来ていたので最高でした。

帰りの島根から大分までの運転はさすがに疲れましたが、本当に楽しかったです。

1月末も2月も毎週末学会やセミナーに参加する予定が詰まっており、今年のスノーボードはこれが最初で最後になると思いますが、怪我には気をつけて、年に1回くらいは続けていきたいなと思います。

結婚式

2017-01-25

1月21日土曜日は臨時休診とさせていただき、患者様には大変ご迷惑をおかけしました。

休診にさせていただいたのは、義妹の結婚式に出席するためでした。

北九州市にあります、ホテルニュータガワの庭園での神前結婚式でした。

義兄として、新婦の入場の際、番傘を持つ係を任命され立派に果たしてまいりました(笑)

遠くから撮っているので画質が悪いですが、赤い番傘を持っているのが私です。

義妹は、本当の妹のように仲良くしているので、共通の友人も多く、楽しい結婚式でした。

普段、休日の半分以上は学会やセミナー、勉強会などの用事が入っているのですが、翌日の日曜日は久しぶりの何もないフリーの休日。何をしようかと久しぶりに再会した友人たちと盛り上がり、弾丸ツアーに行ってきました。

 

続く。

 

 

2月の休診日のご案内

2017-01-20

2月の休診日のご案内です。

2月4日(土)は、2月4日、5日に福岡で行われます、義歯セミナーの参加のため、休診とさせていただきます。

<2月休診日>

2月4日(土曜)休診

他、日曜、祝日は休診いたします。

なお、2月8日水曜午後は臨時診療といたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

キシリトールの妊婦さんやお子さんへの効果

2017-01-15

今日は、小さなお子様と妊婦さんへのキシリトールの素晴らしい効果について、ご紹介したいと思います。

岡山大学の小児歯科、仲井雪絵先生がキシリトールの研究をなさっています。

先生は、産婦人科を受診した妊婦さんに虫歯菌の検査を実施し、虫歯菌の量の多かった妊婦さん107名を二つのグループに分けました。

一つのグループには保健指導(歯磨き指導や食事指導)のみを行いました。

もう一つのグループには、保健指導に加え、100%キシリトールガムを妊娠6ヶ月目から産後6ヶ月まで、毎日噛んでもらいました。

結果!!

<お子様への効果>

生後6ヶ月時点で、すでに、キシリトールを食べないグループのお母さんから産まれた子どもの8.6%に虫歯菌が見つかってしまいました。キシリトールガムを食べるグループのお母さんから産まれた子どもからは全く虫歯菌が見つかりませんでした。

9ヶ月以降も、虫歯菌が口の中から見つかる子どもの割合は、キシリトールを食べるグループのお母さんから産まれた子の方が低かったそうです。

母親が妊娠中からキシリトールガムを噛むと、子どもの虫歯菌感染の時期を8.8か月も遅らせることができることがわかりました。

<お母さんへの効果>

保健指導のみを行ったグループのお母さんは、8人に1人しかリスクが低く改善されませんでした。しかし、キシリトールを食べたグループのお母さんは、2人に1人が虫歯菌が減少し、むし歯になるリスクが減ったそうです。

仲井先生は、患者様向けに分かりやすい本も出版されております。

「マイナス1歳からはじめるむし歯予防」という本ですが、当院待合室にも置いておりますので、ぜひじっくりご覧ください。

私は仲井先生のファンです。

 

 

 

 

 

 

キシリトールってなぜ歯にいいの?

2017-01-10

今日は、キシリトールの効果について、簡単にご説明したいと思います。

まずは、なんでむし歯ができるか知っていますか?

口の中に住みついているむし歯菌が、歯の表面に残っているお砂糖を食べて、「うんち」と「おしっこ」をします。うんちに相当するのが、歯垢・プラークと呼ばれる、白いネバネバした汚れです。昔の方は「歯くそ」と言っていましたが、あれは正しいのです。

おしっこに相当するのが「酸」です。この酸が歯を溶かしてしまい、穴があいてしまうのが「むし歯」という病気です。

では、なぜキシリトールは歯にいいのでしょう?

口の中に住みついているむし歯菌は、キシリトールを砂糖と間違えて食べてしまいます。

しかし、うんちもおしっこも出せないのです。つまり、「ふんづまり」でむし歯菌は死んでしまうのです!!いろんな糖類がありますが、むし歯菌を減らせる糖類は、このキシリトールだけです!

薬じゃないのに、むし歯菌を減らせるなんて、すごいと思いませんか?

ちなみに、キシリトールはイチゴやほうれん草、カリフラワーなどの野菜や果物にも微量ですが含まれています。ただし、食べ物だけではキシリトールを十分に取ることができないので、ガムがオススメです。

実は当院のスタッフも100%キシリトールガムを愛用しています。

車に載せておいて、通勤の時に食べているようです。

私の車の中にも100%キシリトールガムは常備してありますよ(笑)

せっかくなら歯にいいものを食べたいですよね。

歯並びが悪い方、歯磨きに自信のない方にもオススメです。歯垢がはがれやすくなりますので、これまでよりも汚れが落としやすくなります。

ぜひキシリトール100%ガムを生活の中に取り入れてみてくださいね!

ちなみに適量は1日5〜10グラム。100%ガム4〜8粒を1日3回以上に分けて食べるともっとも効果的です。ただ、毎日4〜8粒も食べるのは大変ですよね。実は私もそこまでは食べられていません。ただ継続は力なり。コツコツと続けています。

100%ガムは当院でも取り扱っておりますので、ぜひお問い合わせください。

味はクリアミント、アップルミント、マスカットの3種類です。

img_3254 img_3255

なお、市販のキシリトールガムには他の甘味料も含まれています。そのため100%ガムがベストなのですが、市販のものを選ばれる場合は、最低でも甘味料の50%以上がキシリトールであるものを選んでくださいね。

 

新年のご挨拶

2017-01-06

新年明けましておめでとうございます。

img_3244-2

当院は7月に開院し、おかげさまで無事に半年を迎えることができました。

今年もより一層、皆様のお口の健康をサポートすべく、スタッフ一同、向上心を持って努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

なお、最近は、ご希望のお日にちにご予約をお取りできないことも多く、ご迷惑をおかけしております。当院はお一人お一人の治療時間をしっかり確保し、質の高い医療を提供することを最優先に考えております。当日、翌日は混み合って、予約を取りにくい状況が続いておりますので、ご予約の際はお早めのご連絡をいただけますと幸いです。

また、質の高い医療はそのままに、できるだけ予約の取りづらさを解消するため、今年度新たに色々と計画中です。こちらのブログで改めてご紹介したいと思います。

なお、1月は都合により、診療日を以下の通りにさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

<休診日>

*1月19日(木曜)午後休診

*1月21日(土曜)1日休診

その他、日曜、祝日と1月25日(水曜午後)も休診させていただきます。

 

なお、水曜午後は以下の通り、臨時診療いたします。

*1月4日(水曜)午後も診療

*1月11日(水曜)午後も診療

*1月18日(水曜)午後も診療

よろしくお願いいたします。

img_3243-4img_3240-3